« 2013年4月 | メイン | 2013年6月 »

2013年5月 アーカイブ

2013年5月 7日

ウインドパーク笠取事故について その3 中間報告

中部近畿産業保安監督部より以下の発表があった。
2013.05.02 三重県ウインドパーク笠取風力発電CK-19号機風車で発生したナセル脱落事故について(電力安全課)
http://www.safety-chubu.meti.go.jp/denryoku/20130502_kasadori.htm

株式会社シーテックが提出した事故報告書(中間報告)に基づく
http://www.safety-chubu.meti.go.jp/denryoku/pdf/20130502_kasadori.pdf

事故原因は
1)ピッチモーターブレーキを構成するスプラインが不適切な材質で製造されたため。
 ・スプラインの異常磨耗が発生、
 ・3枚のブレードともピッチ角を保持するブレーキ力が規定値を下回った。
 ・強風時にフェザリング状態を保持できなくなり
 ・3枚のブレードが同時に逆ファインになった

 ローターの過回転が発生した。

2)ローターの過回転により
 ・変形したブレードがタワーに接触
 ・タワーを結合するブレードに設計荷重を超える力が作用
 ・せん断応力、引張応力が作用しボルトが破断

 ナセルが脱落した。

事故防止対策
 当面の措置
 1) 全風車のピッチモーターブレーキについて点検
   ・健全性を確認
   ・耐摩耗性の低い、ブレーキ力の低いピッチモーターブレーキを取替える。
 今後の検討課題
 2) ピッチモーターブレーキについて
   ・点検マニュアルを整備
   以下の再発防止策を検討する。
   ・ブレーキ力の監視方法
   ・フェザリング時のピッチ角の保持方法

今後の検討課題が解決した段階で(中間報告)が最終報告になる。

続きを読む "ウインドパーク笠取事故について その3 中間報告" »

2013年5月 8日

4月26日に閣議決定された「海洋基本計画」について洋上風力発電に関する記載のみ抜粋

第2部に具体的な記述があります。

第2部 海洋に関する施策に関し、政府が総合的かつ計画的に講ずべき施策
1 海洋資源の開発利用の推進
(2)海洋再生可能エネルギーの利用促進
ア 海洋再生可能エネルギー実用化に向けた技術開発の加速
 ・実証試験のための海域である実証フィールドの整備に取り組む
 ・実証フィールドの活用
 ・技術的な課題をクリアしているか評価する仕組みについて、検討を行う。

イ 海洋再生可能エネルギーの実用化・事業化の促進
 ・地域協調型・漁業協調型の海洋再生可能エネルギー利用メニューを作成・公表する
 ・海洋台帳の充実・機能強化
 ・港湾区域、漁港区域、海岸保全区域などの海域おいては先導的な取組を進める。
 ・わが国の技術を背景に、技術的基準の国際標準化等を主導する。
 ・洋上風力発電事業における環境影響評価に関しては、実証事業においてその技術的手法の検討を進める。
 ・作業船やバックヤードとなるインフラの整備方策について検討を進める。

ウ 海洋再生可能エネルギー普及のための基盤・環境整備
 ・買取価格については、実用化の見通しが立ち、費用の検証が可能になった段階において、国民負担にも配慮しつつ検討・決定する・

エ 洋上風力発電
? 技術開発の推進
 ・平成26年度を目途に銚子沖及び北九州沖における2MW級の実証研究を実施する。
 ・平成27年度までに浮体式洋上発電技術を確立する。平成25年度に長崎県五島市椛島沖に実証機(2MW)を設置。
 ・福島県沖において浮体式洋上風力発電に関する実証研究を進める。
 ・船舶の航行安全性の評価及び漁業との共存方法を確立する。

?安全基準の整備
 平成25年度までに安全ガイドラインを策定。IECにおける国際標準化策定を主導。

?インフラの整備
 洋上大型風車作業船の実用化に向けた検討を行う。

?先導的な取組等
 ・港湾区域においては、港湾の管理運営や諸活動と共生していく仕組みの構築による導入の円滑化。
 ・漁港・漁村においても、導入に向けた取組を推進する。

8 海洋産業の振興及び国際競争力の強化
(2)新たな海洋産業の創出
? 海洋再生可能エネルギー開発の産業化
 ・洋上風力発電の実用化・導入拡大
 ・作業船の実用化推進
 ・浮体式洋上風力施設に関する安全ガイドラインの策定に取り組む。

続きを読む "4月26日に閣議決定された「海洋基本計画」について洋上風力発電に関する記載のみ抜粋" »

2013年5月14日

太鼓山風力発電所事故について その6 他に及ぼした影響

太鼓山の事故を受け、同機種Lagerwey750kw機を点検したところ、
青森県深浦町が運営する風力発電所「白神エナジーパーク」で亀裂を確認。

5月10日
NHK 「緊急点検 青森の風力発電も支柱に亀裂」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130510/k10014472791000.html

産経ニュース 「風力発電に腐食や亀裂 京都落下事故と同メーカー」
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130510/dst13051019500014-n1.htm


1)風車の羽根部分と支柱をつなぐボルトに腐食を発見(産経ニュース)
   = 4月4日に交換
  風車と支柱をつなぐボルトが破損していた(NHK)

2)超音波探査で、支柱の5カ所で目に見えない程度の小さい亀裂を確認(産経ニュース)
   =近く、詳細に調べることにしている
  支柱の5か所で亀裂が確認された(NHK)
 =支柱の亀裂は、京都府伊根町のケースとほぼ同じ部分にあった


「白神エナジーパーク」
風車はLagerwey750kw機1基、平成11年12月に稼動開始。

続きを読む "太鼓山風力発電所事故について その6 他に及ぼした影響" »

2013年5月16日

海洋基本計画H25.04について

海洋基本計画H25.04について
IECにおける国際標準化策定を主導とあり、期限がH25年度までと切られている。

海洋基本計画の
第2部 海洋に関する施策に関し、政府が総合的かつ計画的に講ずべき施策
1 海洋資源の開発利用の推進
(2)海洋再生可能エネルギーの利用促進
 エ 洋上風力発電
  2 安全基準の整備
に、以下の文章が記載

 「平成25年度までに安全ガイドラインを策定。IECにおける国際標準化策定を主導。」


IEC国際大会は2014年11月に東京で開催することが決まっている。H24年2月27日
これは1999年京都以来15年ぶりであるとのこと。
http://www.meti.go.jp/press/2011/02/20120227001/20120227001.html

この、IEC東京大会で「安全ガイドライン」を策定することが海洋基本計画に盛り込まれたと推定する。

続きを読む "海洋基本計画H25.04について" »

About 2013年5月

2013年5月にブログ「OffshoreWindfarm」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2013年4月です。

次のアーカイブは2013年6月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 5.2.7