« 再生エネ拡大に2700億円必要 | メイン | 日立 5MWダウンウィンド洋上風力発電システム 11月26日 »

遊佐の風車、羽根1枚が破損 落雷が原因か 11月22日山形新聞

http://yamagata-np.jp/news/201311/22/kj_2013112200542.php

21日早朝、付近の住民から「庄内環境エネルギー」へ連絡があり確認。
風車は2011年8月に稼働、出力1990Kw ドイツのメーカー製。

日本における風力発電設備実績一覧表(山形県)
http://www.nedo.go.jp/library/fuuryoku/case/pdf/pref_06.pdf
によると、
稼働年月日 2011年12月 
設置者    庄内環境エネルギー
設置場所  山形県 遊佐町
定格出力  1,990KW
台数    1
メーカ   Enercon
となっています。

国土交通省東北地方整備局 酒田港湾事務所http://www.pa.thr.mlit.go.jp/sakata/nami03.html
によると売電開始時期が平成23年8月
となっています。

落雷対策は通常ブレードに避雷器(Receptor)がついているのだが、本件については詳細不明。

新たな情報が公開されたら続報を掲載します。

About

2013年11月25日 13:04に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「再生エネ拡大に2700億円必要」です。

次の投稿は「日立 5MWダウンウィンド洋上風力発電システム 11月26日」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 5.2.7