« 新エネルギー発電設備事故対応・構造強度ワーキンググループ平成26年6月25日 第4回 | メイン | 「発電用風力設備の技術基準の解釈について」の一部改正について2014年6月27日 »

落雷事故を踏まえた今後の再発防止対策等について
2014年6月27日

 平成26年6月25日に開催の産業構造審議会保安分科会電力安全小委員会新エネルギー発電設備事故対応・構造強度ワーキンググループ(第4回)において、落雷事故を踏まえた今後の再発防止対策等が中間報告書としてとりまとめられました。  当該報告書には、耐雷設計の見直しや雷撃検出装置の設置といった設備対策、耐雷機能の定期的な安全点検の確実な実施といった運用対策など、落雷による事故発生リスクを低減させる対策が示されております。

経済産業省商務流通保安グループ電力安全課

落雷事故を踏まえた今後の再発防止対策等について(各産業保安監督部あて

落雷事故を踏まえた今後の再発防止対策等について((一社)日本風力発電協会あて)(新旧)

落下事故を踏まえた今後の再発防止対策等について(中間報告)

About

2014年6月28日 15:37に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「新エネルギー発電設備事故対応・構造強度ワーキンググループ平成26年6月25日 第4回」です。

次の投稿は「「発電用風力設備の技術基準の解釈について」の一部改正について2014年6月27日」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 5.2.7