« 酒田港風力発電導入検討協議会(第1回)報道発表資料 平成26年8月6日 | メイン | むつ小川原港洋上風力発電事業 方法書 県審査会意見2014年7月30日 青森県 環境保全課 »

風力発電装置用超大形主軸受 試験設備
NTN「WIND LAB.」2014年7月25日

「NTN株式会社(以下、NTN)は、今後世界各地で需要拡大が見込まれる洋上風力発電装置の主軸用軸受(以下、主軸受)の技術開発を強化するため、超大形軸受の実物評価が可能な世界最大級の試験設備「WIND LAB.」を導入しました。」
NTN社 2014年7月25日 広報ニュース:http://www.ntn.co.jp/japan/news/press/news201400060.html


設置場所:NTN株式会社 先端技術研究所
所在地 :桑名市
設置時期:2014年6月

対象風車:2MW 10MWまで
試験条件:定常状態、極限状態

About

2014年8月13日 11:29に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「酒田港風力発電導入検討協議会(第1回)報道発表資料 平成26年8月6日」です。

次の投稿は「むつ小川原港洋上風力発電事業 方法書 県審査会意見2014年7月30日 青森県 環境保全課」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 5.2.7