(仮称)秋田港洋上風力発電事業 準備書 経産大臣勧告 2018年11月2日

勧告より抜粋
渡り鳥
 重大な影響を回避・低減 =視認性を高める措置(ブレード塗装やシール貼付等)を設備稼働前に講ずる
建設機械
  生活環境への影響を回避又は極力低減 =必要に応じて環境保全措置を講ずること
コウモリ
  バットストライクに係る事後調査を実施 =重大な影響が確認された場合は、適切な環境保全措置を講ずる

準備書に係る経済産業大臣勧告

事業実施区域
秋田県秋田市秋田港湾区域内
計画策定者又は事業者
 秋田洋上風力発電株式会社
事業規模
 54,600kW(4,200kW×13基)
進捗状況
 環境アセス 準備書(H30.2) 2018年11月02日 経産大臣勧告
 工事期間 H31年10月〜H33年3月 運開予定 H33年春頃

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です