浮体式潮流・風力ハイブリッド発電[skwíd]の水没
MODEC 2014年12月18日

「三井海洋開発株式会社が建造した浮体式潮流・風力ハイブリッド発電システム[skwíd]の第 1 号機(以下、「本機」)は、佐賀県唐津市加部島沖 1.2 km の洋上にて仮設置工事中でしたが、本日 12 月 18 日未明、その場所にて水没しました。」

“浮体式潮流・風力ハイブリッド発電[skwíd]の水没
MODEC 2014年12月18日” の
続きを読む

落雷事故を踏まえた今後の再発防止対策等について
2014年6月27日

 平成26年6月25日に開催の産業構造審議会保安分科会電力安全小委員会新エネルギー発電設備事故対応・構造強度ワーキンググループ(第4回)において、落雷事故を踏まえた今後の再発防止対策等が中間報告書としてとりまとめられました。  当該報告書には、耐雷設計の見直しや雷撃検出装置の設置といった設備対策、耐雷機能の定期的な安全点検の確実な実施といった運用対策など、落雷による事故発生リスクを低減させる対策が示されております。
経済産業省商務流通保安グループ電力安全課

“落雷事故を踏まえた今後の再発防止対策等について
2014年6月27日” の
続きを読む

新エネルギー発電設備事故対応・構造強度ワーキンググループ
平成26年6月25日 第4回

議題:
1.平成25年度冬季に発生した落雷に起因すると推定される事故及び火災事故等について(報告・審議)
 遊佐日向川風力発電所事故について
 国見岳風力発電所事故について
 輪島風力発電所事故について
 オロロン風力発電所事故について
 追分ソーラン風力発電所事故について
 南大隅ウインドファーム事故について(新規)
2.落雷事故を踏まえた今後の再発防止対策等について(審議)
3.株式会社日本製鋼所製風車におけるピッチベアリングの不具合事象について(報告)
4.風車落下事故に対する取り組み状況について(報告)
5.その他(今後のスケジュール)

“新エネルギー発電設備事故対応・構造強度ワーキンググループ
平成26年6月25日 第4回” の
続きを読む

南九州ウィンド・パワー根占発電所

南九州ウィンド・パワー根占発電所 
「根占7号機 タワー損傷」7号機
発生日  2014年5月21日15時ごろ発見した
サイト名 南九州ウィンド・パワー根占発電所
所在   鹿児島県南大隅町 
管理者  南九州ウィンド・パワー株式会社
機種   IHI-NORDEX1300
運転開始 2003年3月
原因・経過 2014年5月21日15時ごろ発見、4月7日点検時には異常なし。
「風車ナセルカバー脱落」4号機
発生日  2014年6月2日午後5時半ごろ発見した
サイト名 南九州ウィンド・パワー根占発電所
原因・経過 2014年6月2日強風が吹いていた。

今冬の落雷等に起因すると推定される事故を踏まえた発電用風力設備に対する安全管理対策について
経済産業省 2014年3月6日

平成26年3月3日に産業構造審議会保安分科会電力安全小委員会新エネルギー発電設備事故対応・構造強度ワーキンググループ(第2回)において、
株式会社ジェイウインドから、あわら北潟風力発電所
電源開発株式会社から、ジェイパワーひびき風力発電所
における事故に対する再発防止対策に関し、
1)レセプターの脱落防止強化、
2)直撃雷検出装置の設置及び
3)雷撃時の風車停止・点検実施、
加えて、雷対策重点地域にあり、農地等が近接し人が接近するおそれのある
あわら北潟風力発電所にあっては、さらにレセプターの機械的な脱落防止、雷接近時の風車事前停止に係る報告がなされました。
http://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/oshirase/2014/03/260306-1.html

“今冬の落雷等に起因すると推定される事故を踏まえた発電用風力設備に対する安全管理対策について
経済産業省 2014年3月6日” の
続きを読む

伊根・太鼓山風力発電所、24日に再稼働方針
京都新聞 2月21日

http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20140221000031
「落雷で故障中の4、5号機と落下事故の3号機を除く1、2、6号機の3基を24日から順次、運転を再開する。」
「風車部分と支柱をつなぐボルトが破損し、支柱の金属疲労が進んで落下につながったとする調査結果を同年11月に明らかにした。」
以上、京都新聞記事抜粋
11月に明らかにした調査結果は以下の審議会
産業構造審議会 保安分科会 電力安全小委員会 風力発電設備構造強度ワーキンググループ(第5回)
平成25年11月26日(火曜日)http://www.meti.go.jp/committee/sankoushin/hoan/denryoku_anzen/furyokuhatsuden_setsubi/005_giji.html
以下、議事要旨抜粋
「1.太鼓山風力発電事故について(報告・審議)
 京都府から資料1に基づき説明があり、質疑応答の上、事故に対する事業者の調査内容(原因究明及び再発防止策)について、再発防止策は了承されたものの、原因究明について引き続き検証が必要との指摘があった。今後は、委員のご指摘を踏まえ、引き続き事業者に対し取組を求めていくこととされた。」

“伊根・太鼓山風力発電所、24日に再稼働方針
京都新聞 2月21日” の
続きを読む

今冬の落雷に起因すると推定される事故を踏まえた発電用風力設備に対する当面の落雷対策等について
経済産業省 2014年2月20日

今冬に落雷事故が発生した発電所においては、引き続き事故原因の究明及び再発防止対策の実施を可能な限り早急に行うことが必要です
が、今冬に事故が発生していない発電所においても、今冬に発生した落雷事故の調査状況を踏まえつつ、設備の立地状況や落雷状況に鑑み、適切な設備・運用上の対策に一層取り組むことが必要であると考えられます。
 また、新たに火災事故やブレード破損事故が発生していることから、これらの事故についても周知を行う必要があります。
 併せて、京都府から太鼓山風力発電所における風車落下事故に対する再発防止対策に関し、ナセルとタワートップフランジとの接合部であるボルトに係る亀裂等発生への対応及び保安点検の具体的な実施内容等に係る報告がなされました。

“今冬の落雷に起因すると推定される事故を踏まえた発電用風力設備に対する当面の落雷対策等について
経済産業省 2014年2月20日” の
続きを読む

「風車プロペラ破損  細谷風力発電所/「バリッ」と大きな音 原因不明」
東日新聞 2014年2月16日

「風車プロペラ破損  細谷風力発電所/「バリッ」と大きな音 原因不明」
東日新聞 2014年2月16日
http://www.tonichi.net/news/index.php?id=35280
発生日   :2014年2月15日 
サイト名  :細谷風力発電所
所在    :愛知県豊橋市細谷町
管理者  ;ミツウロコグリーンエネルギー株式会社
機種   :GE Wind Energy社製 GE1.5S
運転開始:平成19年1月
原因・経過  2014年2月15日 正午すぎに付近で農作業をしていた方が目撃
 

“「風車プロペラ破損  細谷風力発電所/「バリッ」と大きな音 原因不明」
東日新聞 2014年2月16日” の
続きを読む

発電用風力設備の安全対策について
経産省 12月27日

http://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/oshirase/2013/12/251227-1.html
本年発生した風車の落下事故に関し再発防止対策等についての中間報告書がとりまとめらた。
1 太鼓山風力発電所
2 ウインドパーク笠取風力発電所
3 苫前グリーンヒルウインドパーク
以上3か所についての「事故を踏まえた具体的な対策」が記載されています。
別紙1 太鼓山風力発電所、ウインドパーク笠取風力発電所、苫前グリーンヒルウインドパーク事故を踏まえた今後の再発防止対策等について(中間報告書)(PDF:287KB)
http://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/oshirase/2013/12/251227-1-3.pdf

“発電用風力設備の安全対策について
経産省 12月27日” の
続きを読む