日本初のバージ型浮体式洋上風力発電システム実証機:NEDO 2018年8月10日

―北九州市沖に設置後、実証運転開始へ―
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 ニュースリリースより
http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_101008.html

丸紅(株)などのコンソーシアム
丸紅株式会社
日立造船株式会社(IDEOL社 浮体
株式会社グローカル(SCD-technology社 2枚翼
エコ・パワー株式会社
国立大学法人東京大学
九電みらいエナジー株式会社

(仮称)青森西北沖洋上風力発電事業
配慮書 経産大臣意見 2018年06月01日

配慮書 経産大臣意見 2018年06月01日

事業実施区域
青森県北津軽郡中泊町、つがる市及び西津軽郡鰺ヶ沢町の沿岸域及び沖合
計画策定者又は事業者
 日立造船株式会社
事業規模
 500,000kW(4,000kW×125基 8,000kW)
進捗状況
 環境アセス 配慮書(H30.3) 経産大臣意見 2018年06月01日
 工事時期 H33年〜H35年度 運開予定 H36年度

(仮称)安岡沖洋上風力発電事業環境影響評価準備書に係る公聴会の開催について
平成29年 (2017年) 2月 17日 山口県環境生活部環境政策課環境アセスメント班

「山口県環境影響評価条例第43条第6項の規定に基づき、前田建設工業(株)の(仮称)安岡沖洋上風力発電事業環境影響評価準備書について、環境の保全の見地からの意見を有する者からの意見を聴くため、公聴会を開催する。」
(1) 日時 平成29年3月22日(水曜日)午前10時00分から
(2) 場所 下関市リサイクルプラザ(下関市古屋町1丁目18番1号)
(3) 傍聴人の収容人数 概ね100人

海ワシ類の風力発電施設バードストライク防止策の検討・実施の手引き
環境省 2016年6月28日

「海ワシ類のバードストライク発生メカニズム、防止策の考え方を示し、事業者や海ワシ類の保護等に取り組む関係者が、海ワシ類の保護や環境アセスメント等で役立てることができる」

“海ワシ類の風力発電施設バードストライク防止策の検討・実施の手引き
環境省 2016年6月28日” の
続きを読む