「再生可能エネルギー導入に係る電力系統対策動向調査」実施体制の決定
NEDO 平成26年11月4日

「将来の日本における大量導入を実現するため、様々な国や地域における、電源線建設・保有、系統増強の負担範囲・費用の回収などの市場調査を行う。」に係る実施体制の決定について
委託予定先 株式会社三菱総合研究所

“「再生可能エネルギー導入に係る電力系統対策動向調査」実施体制の決定
NEDO 平成26年11月4日” の
続きを読む

風力発電装置用超大形主軸受 試験設備
NTN「WIND LAB.」2014年7月25日

「NTN株式会社(以下、NTN)は、今後世界各地で需要拡大が見込まれる洋上風力発電装置の主軸用軸受(以下、主軸受)の技術開発を強化するため、超大形軸受の実物評価が可能な世界最大級の試験設備「WIND LAB.」を導入しました。」
NTN社 2014年7月25日 広報ニュース:http://www.ntn.co.jp/japan/news/press/news201400060.html

“風力発電装置用超大形主軸受 試験設備
NTN「WIND LAB.」2014年7月25日” の
続きを読む

「あきた沖合洋上風力発電研究報告会」
秋田県 1月16日開催

http://www.pref.akita.lg.jp/www/contents/1388026537708/index.html
「報告内容
  (1)今年度の活動状況について
  (2)海外先進事例調査の結果について
  (3)今後の進め方等について」
「風の王国プロジェクト・風車1000本、秋田の挑戦」
http://kaze-project.jp/index.html
に、注目しています。

“「あきた沖合洋上風力発電研究報告会」
秋田県 1月16日開催” の
続きを読む

港湾への洋上風力発電の導入をスムーズに
「技術ガイドライン等検討委員会」の開催について
国土交通省報道発表資料-平成26年1月10日

「港湾管理者が設置許可手続を円滑に進めるための技術ガイドライン等を検討すること」になった。
https://www.mlit.go.jp/report/press/port06_hh_000092.html
第1回検討委員会 平成26年1月16日(木)
今後の予定
第2回検討会(第一次案取りまとめ)平成26年3月 

“港湾への洋上風力発電の導入をスムーズに
「技術ガイドライン等検討委員会」の開催について
国土交通省報道発表資料-平成26年1月10日” の
続きを読む

野辺地が直営風力発電事業を計画
デーリー東北新社 1月11日

「 野辺地町が、自治体直営では県内初となる風力発電事業を計画していることが12日までに、町への取材で分かった。自主財源確保が目的で、同町の柴崎観光牧場に1基当たり約1800キロワットの風車4基を建設。発電分を東北電力に売電、20年間で最大約15億円の事業収益を見込む。早ければ2016年4月の運転開始を目指している。」
柴崎観光牧場
http://www.aptinet.jp/Detail_display_00000257.html

復興庁 根元復興大臣 2013年12月20日記者会見

復興庁 根元復興大臣 2013年12月20日記者会見
http://www.reconstruction.go.jp/topics/13/12/20131224104352.html
から、農地転用による風力発電可能に関する部分の抜粋。
「岩手県からの新たな規制の特例措置の提案を受けて、9月17日に盛岡市において、復興特区法に基づく国と地方の協議会を開催いたしましたが、岩手県から提案されていたのは、再生可能エネルギーによる発電事業に係る、例えば農地の転用制限の緩和であります。
 この岩手県からの提言については、先日、いわゆる再エネ法が成立いたしまして、その再エネ法の中で法律として可能とするような規定が盛り込まれましたので、岩手県に対して国の考え方を説明し、高く評価していただきました。」
9月13日記事

の続報になります。