(仮称)能代港洋上風力発電事業 準備書 経産大臣勧告 2018年11月01日

勧告より抜粋
建設機械
  生活環境への影響を回避又は極力低減 =必要に応じて環境保全措置を講ずること
コウモリ
  バットストライクに係る事後調査を実施 =重大な影響が確認された場合は、適切な環境保全措置を講ずる

準備書に係る経済産業大臣勧告

事業実施区域
秋田県能代市能代港湾区域内
計画策定者又は事業者
 秋田洋上風力発電株式会社
事業規模
 88,200kW(4,200kW×21基)
進捗状況
 環境アセス 準備書(H30.2) 2018年11月01日 経産大臣勧告
 工事期間 H31年10月〜H33年3月 運開予定 H33年春頃

工事計画 準備書より抜粋 
陸上工事期間 平成31年10月〜平成32年10月末
海上工事期間 平成32年03月〜平成32年10月末
試験運転期間 平成32年11月〜平成33年03月末
運転開始時期 平成33年春頃

洋上風力発電分野に参入 日揮株式会社 10月24日

11月1日 「ウィンドパワープロジェクト室」を新設

・洋上風力発電案件の設計・調達・建設(EPC)プロジェクトへの参入
・海外の同業他社をはじめ、国内外の重電メーカーなどとの協業も視野
・日本国内における洋上風力発電プロジェクトのEPC受注を目指して営業活動を開始
・ベトナムや台湾などのアジア諸国における風力発電プロジェクトの受注に向けた営業活動も開始

 

洋上風力発電低コスト施工技術開発NEDO:2018年9月10日

建設コスト20%低減を目指す
コスト低減の目標を設定するためのFS
「JIP方式による基礎構造の低コスト化技術の調査」
  助成予定先:株式会社風力エネルギー研究所
        日立造船株式会社
「ジャッキアップ型作業構台を活用した基礎構造物の施工」
  助成予定先:株式会社吉田組
        むつ小川原港洋上風力開発株式会社
        若築建設株式会社

着床式洋上ウィンドファーム開発支援事業NEDO:2018年9月5日

港湾区域 1件 助成 2018〜2020年度
 開発に必要な事業費(風況精査、海域調査、環境影響評価や、風車、基礎、海底ケーブル、変電所などの調査・設計に係る費用)の一部を助成
 福岡県北九州市響灘沖 ひびきウインドエナジー株式会社

一般海域 2件 委託
 一般海域における海底地盤、気象・海象などの情報を効率的に収集する方法を策定し、実海域において洋上風力発電設備の設置に係る基礎設計に必要なデータを収集
 1) 基礎調査 (2018〜2019年度)
  国際航業株式会社、明治コンサルタント株式会社、日本気象株式会社
 2) 基礎調査 (2018年度)
  一般財団法人日本気象協会、大成建設株式会社、株式会社本間組

(仮称)西海江島洋上風力発電事業 方法書縦覧開始:2018年9月4日

公表期間 2018年09月04日~2018年10月04日 http://www.jre.co.jp/news/20180904.html

事業実施区域
長崎県西海市崎戸町江島の沖合
計画策定者又は事業者
 ジャパン・リニューアブル・エナジー株式会社
事業規模
 最大247,000kW(4,000~9,500kW、22~50基)
進捗状況
 環境アセス 方法書(H30.9) 一般財団法人 日本気象協会
 工事期間 H33(2021)〜H37 運開予定 H38年

(仮称)五島市沖洋上風力発電事業 評価書縦覧開始:2018年9月4日

評価書縦覧期間:2018年9月4日〜10月4日 http://www.toda.co.jp/hyouka.html

事業実施区域
長崎県五島市崎山沖
計画策定者又は事業者
 戸田建設株式会社
事業規模
 22,000kW(2,100kW×8基及び5,200kW×1基)
進捗状況
 環境アセス 評価書確定通知 2018年8月6日 株式会社ニュージェック
 工事時期 2018年4月~2021年3月 運開予定 2021年4月